卓球中級者のブログ

このブログは卓球中級者が卓球についていろいろ書いていきます。

基本技術 ~サーブ~

少し落ち着いてきたので更新がやっと出来ました^ ^


ブログの更新が出来ずホントすみません…


今後もこのようなブログの更新がなかなか出来ない事もありますが最後まで見て頂けたらありがたいです、




では、サーブについて書いていきたいと思います、


卓球にはサーブがいろいろあります、


・フォアサーブ


フォアサーブは最も頻繁に使用されるサーブです、


手首が効いたり、フェイクモーションも使いやすいですし打った後すぐに動けます、


右利きの選手は大抵台の左側に立ってサーブします、


プロの選手では水谷選手 石川選手などがよく使いますね、


・バックサーブ


バックサーブはバックハンドで出すサーブです、


フェイクモーションは使いずらいですが細かいコントロールは良く効きます、


現代では使用している人は少ないです、


初心者さんはバックサーブの方がフォアサーブより出来るようになるのが速いと思います、


・しゃがみこみサーブ


文字通りしゃがみながらサーブをします、


非常に回転が掛かりやすく初心者さんにとても有効です、


王子サーブはしゃがみこみサーブの一種です、


プロの選手では松平選手がよく使っています、


・巻き込みサーブ


ラケットでボールを巻き込むように打ちます、


しゃがみこみサーブ同様 回転がとても掛けやすいです、


横下と横上を混ぜてサーブすることが多いです、


・アップダウンサーブ


上回転と下回転を混ぜて使います、


上手い人は上回転か下回転か非常に分かりずらいサーブを打ってきます、


プロの選手では吉村選手がよく使います、


・YGサーブ


YGというのはヤングジェネレーションの略称です、


逆横回転を出すことが出来るサーブです、


手首と腕を使うので結構難しいです、


上手い人はロングサーブや横下 横上を使い分けます、


ヨーロッパの選手がよく使っています、


プロの選手ではボル選手が使います、


・投げ上げサーブ


天井サーブ またはハイトスサーブとも言います、


トスをとても高くしてサーブします、


落ちてくるボールのエネルギーを利用して回転を強く掛けます、


打球点もヅレたりまっすぐボールを上げなければならないのでとても難しいです、


プロの選手では水谷選手がよく使っています、



私が思う難しいサーブはYGサーブだと思います、


習得するのに3ヶ月もかかりましたしコツを掴むのが難しいです、


手首も痛める恐れもあります、


どのサーブも習得出来ると強いと思います、


次の記事ではサーブの回転について説明します、


それでは。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。